1998年第6回大会 出場レポート

開催日 1998/10/10(土)~11(日)
当日の天候 晴れ
私の記録 初出場。西原峠にてリタイヤ(スタートから32km、11時間後)
当日の行動 このような大会というものに出ることが初めて。
会場からは割と近くに住んでいる。自宅から駅まで歩いて電車を乗り継いで1時間半くらい。朝7時に起きて準備をし、11時ころ受付。


当日
11:00 会場の五日市会館についた。受付で装備のチェックがある。
12:10 開会式。都岳連会長のお話。
12:59 スタート直前。スタートの並ぶ順番は自己申告で速い者から前に並ぶ。とりあえず後ろのほうにならんどく。
13:35 今熊神社前。ちょっと水を飲んでおく。このあと水で苦労させられるとは...。
16:15 市道山分岐直前。まだ人はいっぱい渋滞してる。ちょっと道が広いところは休憩ポイントだ。
19:00 20km地点通過。もう暗いのでヘッドランプを装着しています。
20:00 第1関門の浅間峠に到着。ここまでで水を1.75L飲んでしまった。やばい。
22:00 笹尾根。もうあまり前後に人は見あたらない。ひたすら夜道を歩く。バテてきた。
23:30 30km地点通過。のど乾いた~。水が足りなくてバテた。第2関門(42km)まで給水・水場がないのでそこまでの水が足りなかった。
24:00 西原峠。この先はコース中最高点の三頭山。喉の乾きでペースが落ちた。大会役員がいる。気力が萎えた。思い切ってリタイヤする。
3:00 約1時間まって12人のリタイヤ仲間とともに1時間半下山し数馬に到着。送迎車に乗り込む。
4:00 会場に戻り控え室として使われている中学校の体育館。
4:30 ゴールゲート。ゴールする人を見てた。
初出場なので耐久レースがどういうものか見るってのが目的。完走できたらいいな~程度に軽く考えてたけど完走自体大変な事だった。
5:00 そろそろ夜が明けてきた。私の大会ももうおわりかーという実感。
5:30 帰りの電車を待つJR武蔵五日市駅ホーム。朝日がまぶしい。


一覧へもどる