2001年第9回大会 出場レポート

開催日 2001/10/7(日)~8(祝)
当日の天候 曇り一時小雨 スタート時気温20℃
私の記録 土俵岳にてリタイヤ(25km)


2001/7/5 郵便振替で出場申し込みをする。定員に達したら打ち切るみたいだけど。いままで断られたことはない。

2001/8 夏休み終わったあたりからまた腰痛再発!。

2001/9/24 今までのレースに参加してひとつの大きなネックになっていた西原峠から三頭山越えを体験するために同じコ-スを歩いてみる。何回か行ったことのある場所だが登りに使うのは初めてだった。やはり登りと下りに使うのとでは印象が違う。

当日
12:10 開会式。注意事項の説明で「昨年は伴走いるという指摘がいくつかありまして...」なんて説明があった。私のチクったことが生かされているみたいだった。犬猫の伴走もダメだと言っていた。あたりまえだがそんなヤツが過去いたってことだろうなぁ~。

13:00 スタート。

14:32 入山峠。タイム的には例年とそんなに変わらないが距離が短く感じる。もうついたって気がする。なんか調子いいかも。

16:45 醍醐丸。気温12℃まで下がってきた。じっとしているとかなり寒い。休憩もできない。天気もかなりの曇り空なので山中は昼間でも暗い。

18:18 20kmの標識があった。去年と位置が変わっている。去年までは三国山と浅間峠の間にあったが、今年は三国山の手前にあった。毎年位置表示が微妙に変わるなぁ。

19:50 第一関門の浅間峠に着く。わりといい調子だ。疲れもない。タイム的には大したこと無いけど。

20:20 第一関門を出発してしばらくしてなんかヒザに違和感を覚えた。やばい!。最近下りでよくある痛みがまた来たかと思った。少しづつ痛みが大きくなってくる。スピードも落ちる。気温10℃。

21:10 土俵岳通過。役員が居る。下半身を冷やさないように雨具に下を着た。しかし土俵岳を下りはじめてやはりヒザの痛みはとれず、さらに西原峠まで行くこともムリだろうと思ったので土俵岳まで引き返しリタイヤを申告した。

土俵岳からは下りることは出来ないので浅間峠まで戻ることとなり、役員さんについて戻る。

22:40 第一関門の浅間峠。チップを回収し正式にリタイヤとなった。もらったあたたかいお茶がおいしい。

00:05 リタイヤ者3人で下山開始。やっぱりヒザの痛みは強くなってくる。途中、同行者がストックを貸してくれたりワセリンを塗ってくれたりした。ありがたい。ヒザをかばいながらの下山なのでとても疲れた。

1:10 上川乗に到着。

1:30 迎えの車到着。

2:10 会場に到着。

3:00 着替えて名物のうどんを食べる。うまい!。あとは寝た。

6:00 帰途につく。今回はヒザのアクシデントがあったが、周囲の人の親切で気持ち良い大会だった。やっぱ参加してよかった。でも完走したかった。



一覧へもどる