2004年第12回大会 出場レポート

開催日 2004/10/10(日)~11(月)
当日の天候 雨(前日台風)
私の記録 第1関門にてリタイヤ


2004/5/15 去年の大会報告書が送られてきた。記録を見ると、第1関門だけ見ても私のペースは完走できるものではなかった。大会の運営内容なども読んだが、屎尿処理については持ち帰りも検討中らしい。一度に1000人を超える人が同コースを歩くので自然環境に対する負荷が大きいからだろう。

2004/10/09 台風22号が関東にやってきた!。このぶんでは明日の天気が心配だ。荒天を乗り越えて参加する気力と体力がない。最悪は辞退ということもありうるなと考える。今年は準備もなかなかできなかったし。

当日
朝から天気が悪い。前日に関東を通過した台風22号の影響が残ってる!。もしもっと悪くなるようだったら出場はとりやめようとも考えている。奥多摩は粘土質のコースが多くて濡れるとツルツルになって危険なのだ。

10:30 現地は小雨が降っている。雨が降っているのでちゃんとした雨具を持って行くことにする。

13:00 スタート。気温18℃。霧雨。涼しい。湿気っているのか号砲でなく、かけ声でスタートだ。

14:30 今熊山を過ぎたあたりから雨がちょっと強くなってきた。しかし木々に囲まれているため直接雨はあたらない。雨具は蒸れるのでまだ着ない。昨日までの台風でコースはグチャグチャだ。ものすごく滑りやすい。もし転んだら泥だらけになるだろう。



16:10 市道山。小雨のコースも暑くなくて気持ちいい。ずっと地面ばかり見ていて気づかなかったが、ふと上を見上げると幻想的な景色できれいだ。あまり雨の日に山に入ることはしないのでこのような雰囲気を味わうのは久しぶりだ。



湿度が高いせいかメガネがすぐに曇ってしまう。なんど拭いても曇ってしまう。おかげで前がはっきり見えない。そんな状態がこの先続いた。

17:35 ヘッドランプをつけた。真っ暗で気づかなかったが、どうやらガスが出ているらしく光が乱反射して地面の陰影がわかりづらい。しょうがないのでヘッドランプは使わず、手に持ったライトで足元を照らしながら進む。ガスが出ているのでライトの光の筋が見える。ふつうライトの光の筋は写真には写らない。他人が使っているLEDタイプのヘッドランプを観察していると明るさがまだ足りないことがわかった。LEDのヘッドランプを買うときの参考になった。



19:15 連行山。こんな雨の中の長谷川杯は初めてだ。慎重に進む。かなりペースは落ちている。あまり直接雨風は当たらないので雨具は着ない。帽子とザックカバーをつける。気温13℃だが寒くは感じない。でもめまいがしてきた。

20:35 熊倉山。ペースがかなり落ちてる。浅間峠に到着するのはかなりおそくなるだろう。完走するには20:00には第1関門の浅間峠を通過するペースでないといけないのだ。とても間に合わない。雨はさらに強くなる。道はかなり滑る。下りになるとうんざりだ。登りは楽。



21:53 第1関門浅間峠に到着。制限時間7分前だ。リタイヤしました。



22:30 10人で集団で下山開始。下山予定のリタイヤ者が集まっている時、役員さんが「足の痛い人は先頭にいったほうがいいですよ」と気をきかせてくれた。

山では遅い人のペースに合わせて下山するもの。それで2人組が「足が痛いんで...」と名乗りをあげて先頭についたのだが、こいつら後続の人のことなどお構いなしに自分たちだけでどんどん下っていく。列の3番目の私は後ろの人たちを見ながらゆっくり歩く。

私のすぐ後ろの人はなにも言わなかったが、私がかんたんに歩いている段差とかでも、その都度気合いを入れていたし、楽な下りなのに息を切らしていたし、ドスンドスンという足音で「膝が痛くて下りがきついのだな」とわかったからだ。歩きが遅い人を置いてきぼりにしてはいけない。そのための集団下山だ。

23:30 上川乗に下山。すぐに送迎のバスに乗る。車内でちょっと寝た。

00:15 会場に到着。

いつもなら朝まで体育館にいて朝になってから電車で帰るのだが、もう情けない結果で逃げるように会場を後にする。電車もないのでタクシーで帰ろうと思った。でも武蔵五日市駅前はなーんにも無くて、タクシーも無い。やっぱり!。しょうがないので駅前のバス停のベンチで寝た。屋根があるし横にもなれるので。雨が降ってて寒かった。4時間ほど時間をつぶして初発で帰ってきた。

今回ははじめから雨で苦労した。元々出場も迷っていたので気合いも入らなかった。リタイヤだったが、一応新しい装備を試すことができそれなりの意味はあった。装備の軽量化の効果は大きかった。でも小さいザックを使ったので入りきらなかった。こんどは軽量化でなく省容量化が必要だ。

手持ちのLEDライトは持つ向きを変えると消えてしまう現象が起きた。競技中ずっと不便だった。なにか接点が悪いのか?。下山してから調べても再現せず。気温も関係あるのか?。

発表によると、出走者1574名、完走者968名、完走率61.49%だそうです。いつもより完走率が低い。



一覧へもどる