春の浅間嶺

一覧へもどる


山域 奥多摩
山行時期 2012/5
行きの交通機関 JR武蔵五日市まで電車→西東京バスで浅間尾根登山口
コース 浅間尾根登山口→数馬分岐→浅間嶺→峠の茶屋→時坂峠→払沢の滝入口
帰りの交通機関 払沢の滝入口から西東京バス→JR武蔵五日市から電車


登山口を探してうろうろ
9:12 浅間尾根登山口バス停から数馬峠を経由して数馬分岐に出るルート(青)を登る計画だったが、登山口が見つけられなかった。うろうろして川を渡ったりして約30分の時間をロスしてしまう。しょうがないので一般的なルート(緑)から登った。





10:30 天気良い。浅間嶺登山道はたまに見える展望で御前山とかが見えて歩いてて気持ちいい。





ちょっと天気が怪しくなってきた
11:50 浅間嶺休憩所で昼食にする。じっとしてると少し涼しすぎる。けっこう人が多い。





12:35 不意に急な雨


御前山


12:45 小雨が降ってきた。でも木があるからほとんど濡れないのでそのまま進む。ちゃんとしたレインウェアを持ってきてない。アウター(いちおうゴアテックス)しか持ってきてない。本格的な雨になったらヤバイ。

13:25 峠の茶屋。道が工事中だった。カサ持ってくればよかった。

13:40 時坂峠。ちょっと雨が強くなってきた。

雨は本降りになってきた。公衆トイレがあったので雨宿り。雨はこれから強くなるのか弱くなるのか?。もう少しでバス停なんだが。

とりあえず少し雨が弱くなったのを見計らって出発した。





晴れてきた!
14:15 急に明るくなって雨があがる。気温も上がってきて暑い。アウターを脱ぐ。あまり濡れなかった。にわか雨だったのか。アウターは手に持って歩きながら乾かす。





14:35 払沢の滝入口バス停。



バス停は広く標識は隅の方にあり、そこから離れたところにバスが止まるので並んでいる人を無視して乗りこむ人がいる。おそらく並んでいる人がいるのに気づいていないのかも。


一覧へもどる